ポジティブ男 と ネガティブ女 のバックパッカー記
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

魔女宅急便・・・?ではない

10月29日(木)

ザグレブからバスで10時間
クロアチアのドブロブニクに到着
 
途中スプリットで乗り換え30分だけ観光した


ずっと来たかったドブロブニク!
魔女の宅急便モデルという噂もある

ドブロブニクではsobeと呼ばれる民家の空き部屋を旅行者に貸すのが一般的で港やバスターミナルにはsobeの客引きのおばさんがいっぱい居ると聞いていたのでホテルに関しては何も考えずノープランで行ったら・・・・・

バスターミナルに着いたのが夜の9時・・・・
客引きのおばちゃん達はもう居なかった

おばちゃんじゃなくおじちゃんが居て
取り合えずその人に付いて行った

日本人からもらったというドコモだけがおじちゃんの車に飾ってあった

民家を期待して行ったが付いた場所は
普通のペンション・・・・

民家に泊まらないと意味がない!!!

しかも2泊からじゃなきゃ泊めれないと言い始め

断り退散

取り合えずユースホテルを探してみるが見当たらないというか暗すぎて自分たちの現在地もわからない

通りすがりのおじさんに道を聞くついでに冗談で
「あなたの家に泊まらせて下さい」と言ってみるが
本気で断られた


前方に黒猫の子猫が!!!!もしやこれはジジ!!
今日はこのジジと一緒に野宿かーなんて言いながら歩いていたら

車に乗った男が窓から声を掛けてきたが無視するがあまりにもしつこいので立ち止まった
なにやらホテルを紹介してくれるというので怪しいけど車に乗り付いて行った

車内にはテクノが流れだんだん不安に・・・
男はノリノリで運転

しばらくして車が止まり1軒の家へ
玄関を入るといかつい男の人が出てきた

いきなりジュースを渡され飲むように言われた
まさか睡眠薬が・・・・
飲むフリをし様子を伺う

どうやらこの男2人は従兄弟らしい

1泊100クーナ(¥1600)で泊まらないかと言ってきて部屋も見せてきた


もしやSobe?

玄関を確認したらSobeの看板が!!!



行く当てもなかったので泊まることにした

怪しい人だと疑っていたがどうやら良い人そうだ
野宿を考えていた私達は助けられた!!!!!


テクノ男は自分の家に帰り
いかつい男は宿の経営者で元軍人らしい
通りで迷彩服を着ていたんだ笑




部屋には軍人時代の写真もあった





10月29日(金)

朝目が覚め窓の外を見て景色の綺麗さに驚いた



もしかしてすごく良い場所に泊まれたのかもしれないと思った
旧市街までは徒歩3分だった

食料を買いにスーパーへ
坂道が多く結構疲れる


クロアチア10月も終わりだというのに暑い・・・!!!!

ピレ門をくぐると城壁がある


旧市街の城壁を観光
城壁に上がるとドブロブニクの定番的な光景がまず見えた



1周2キロ
洗濯物の風景が一番似合うのはドブロブニクかもしれない!









なんで洗濯物も絵になるんだろ

オレンジ色の屋根が広がるドブロブニク!
 


アドリア海の真珠と言われている海




猫が似合う港町
 


猫・・抱くと硬直した


大砲があった






20年前このドブロブニクでも内戦があったとは思えないほど穏やか



旧市街は世界遺産






世界で3番目に古い薬局





薬局で日本人のおばちゃん達がいっぱい買い物していた

ドブロブニクやたらみんなアイスを食べている








見ていたら食べなくなってきた
暑いしね





1つ10クーナ(¥160)で安い!


少年に群がるカラフルな鳥



裏路地ってなんだかわくわくして好き







特に名物もなさそうだったのでドブロブニクでは毎日自炊


元軍人と共に・・・

怪しんでいたにも関わらずSobeも元軍人の事も気に入りもう1泊することにした

自家製のワインをくれた





10月30日(土)

旧市街が一望できるスルジ山に登ることにした
内戦で破壊されてしまっていたロープーウェイも復活していた




逆光でなかなか良い写真が撮れない






なんだか不思議な写真が撮れた






バスに乗りスーパーへ
バスが止まり窓の方を見るとなんとビックリ
ザグレブで同じホテルに泊まっていた日本人の女の人が居て窓を叩いていたら気づきお互いビックリ

海で泳いでいる人たち、気持ちよさそうだったな




今日もアイスを食べた
ココナッツアイスすごく美味しい!!!!



アイスのお店がいっぱい
 





夕飯の準備!



肉を叩く元軍人


エプロン姿が可愛い




夜の石畳は光っているようで美しい




念願のドブロブニク最高でした



でも魔女の宅急便とは雰囲気違ったな・・・・・・

欧州一美しい お墓と湖
 10月26日(火)

ウィーンからクロアチアの首都ザグレブへ
途中セメリング鉄道という”世界遺産”の鉄道に乗車
セメリング鉄道はアルプス越えが無理だと言われていた時代に最初にアルプス越えをした山岳鉄道で16のトンネル、16の高架橋、100を超える石橋に11の鉄橋を通ります。

列車の窓から撮影


記念にセメリング駅で下車



駅には記念館があった
これは模型



途中、世界遺産の街グラーツで下車
世界遺産とは言え閑散とした街だった
日曜だからかな?



ここで喧嘩勃発!

駅まで別々に戻る

数時間後、駅で合流、仲直り

16時過ぎの列車でザグレブを目指した

22時過ぎクロアチアの首都ザグレブ到着!
 
9カ国目 クロアチア!!!!!

今夜の宿は日本人経営の”バズバックパッカーズ”
1泊¥2000ほど


畳だ!


全部ドミトリー!


日本人経営なだけあって宿泊しているのは日本人が多い!

ホテルの人が日本人だと助かる〜
日本の漫画など置いてあった



10月27日(水)

世界一短いケーブルカーのあるザグレブ
 


乗るより歩いた方が早い!!!!

モザイクの屋根が魅力的な”聖マルコ教会”




モザイクが刺繍に見えてしょうがなかった

とても可愛い屋根の教会でした

青果市場














ユーロではないので両替



クロアチア”クーナ”


ザグレブすごく平和そうで住みやすそう!!!!!



10時過ぎのバスに乗りプリトヴィッェ湖群国立公園へ
世界遺産で16の湖と90以上の滝のある公園

ザグレブからバスで2時間ほど

12時到着!
世界遺産のマーク見つけ!


入場券を購入
確か¥1200ほど

ルートは3つあり1番短い2〜3時間コースで周ることにした
一番長いコースは6〜8時間もかかる

2〜3時間コースでもかなり歩いて疲れた
広すぎる!!!!
まず船に乗ります




エメラルドグリーンの湖だらけ



滝が90以上もあるのもビックリ
 
きっと夏だともっと綺麗なんだろうな






滝の数でも数えれば良かった

水が透き通っていて魚が泳いでいるのがよく見える



雪が少し積もっていて寒すぎた!
冬は入れないこともあるらしい・・・・でも雪景色も綺麗だろうな








夜はホテルのキッチンで自炊






自炊の定番はパスタになりそうな予感

日本人の女の人と

自転車で旅しているおじさんとケーキを食べた
おじさんの自転車

おじさん静岡から自転車で来たらしい




10月28日(木)

早朝から欧州一美しいお墓と言われている
”ミロゴイ墓地”へ

バスで15分ほど
 



朝6時頃到着しまだ日が昇っていなく寒すぎるため教会の中で日が昇るのを待った

欧州で一番美しいと言われるミロゴイ墓地

アーチやモザイク床などの装飾がありお墓というより宮殿のよう






今回の旅でこのミロゴイ墓地に居た時が一番寒さを感じ
ダウン買おうかな、、、、、手袋持ってくれば良かった
とこんな事しかずっと考えていなかった





なんだかオシャレなお墓だった








防寒の事ばかり考えず、もっと写真撮れば良かった


食料を買い込みバスに乗りドブロブニクを目指した!
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス