ポジティブ男 と ネガティブ女 のバックパッカー記
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

チュキカマタ
私は何をしているのでしょう笑



正解は

チリのアタカマという町からツアーバスでチュキカマタ銅山という場所に行ったのです


世界最大の銅山らしいです
穴の深さは1キロ
すごい巨大な穴らしく
宇宙からも見えるとか…見えないとか…

巨大なトラックで作業

写真じゃわかりにくいけど
このトラック、びっくりするくらい巨大!!
タイヤだけで2メートル以上はある!
タイヤ60万くらいするらしい
ちなみにトラックは日本のコマツ製!

チュキカマタ、昔は人が住んでいたみたいだけど
今は公害の問題で廃墟……


バスの中でも全員ヘルメット着用
この光景おかしい


銅山見学よりも…
この格好が一番楽しかったかも♪

首都サンティアゴ!
チリの首都サンティアゴ

プエルトモンからバスでサンティアゴに到着

サンディアゴ都会!!!!
サラリーマン多い!

南米は鉄道が発達していない分バスが発達している
巨大な2階建てバス
かなりリクライニングできてゆったり座れるから寝れる!!

バスの中で食べたチリで人気?のお菓子

チョコレート(中身不明)

ホテルは広場の目の前のこの建物の6階!
便利な場所でした

共有スペースも部屋も綺麗で広くて居心地良い!

部屋は10人部屋

ホテルからの眺め

魚介にも飽きてきたので自炊
自炊だと1人300円くらいで済む

キッチンも綺麗!

コーラと醤油で照り焼きチキンを作ったら…


マズかった…

翌日はチャーハンと野菜炒め

まぁまぁ…

確実に料理の腕が落ちている

市場には必ずネコがいる

フルーツを選んでアイスにしてくれるお店発見!
いちご、りんご、メロンのミックス

新たな境地を見つけた人

バスで配られたお菓子

魚介の国
プエルトナタレスからバスで35時間の移動が終わりチロエ島のカストロという小さい島に到着

35時間の移動は今のところ今回の旅で最長!

寝るか食べるかしかない
ひたすら座っているだけ

チロエ島の特色はうろこ状の壁&高床式の家





そして本格的に魚介の国の始まり

チリに入ってから毎日サーモンを食べている気がする

名物は”クラント”と呼ばれる貝類やソーセージ、じゃがいもが盛られている食べ物
値段が高いほど美味しいとか…
取りあえず喉が乾く

アボカドディップがたっぷりと乗ったホットドックをみんな街中で食べている

チロエ島からバスでプエルトモンにやってきた

”魚介の地”プエルトモン

サーモンと言えばチリ産!

サーモンもウニも日本とは違い格安!新鮮
日本ではあまり見かけないムール貝がたっくさん



そして
今日もまたサーモン!

そして貝…

肉だらけのアルゼンチンよりは魚介だらけのチリの方がまだ体にはマシ!???

バス待ちの間にプエルトナタレスという小さな街で食べた
ポジティブ旦那のお気に入りの…
”カスエラ・デ・アベ”という鶏肉、じゃがいも、タマネギ、豆、トウモロコシの入ったスープ

チリはプンタとかプエルトとか付く地名が多くて紛らわしい

道を歩いていると毎日のように旅人とすれ違う
日本ではあまり見かけないけど…(物価が高すぎて外人はなかなか来れないらしい)

旅をしているのは私たち2人だけではないのでご心配なく


↓↓↓
良く見ると窓に私たちが映っています

リアルタイムはチリのカラマという町で高山病に備えて体を慣らし中

迫り来る高山病の恐怖
現在チリの首都サンティアゴに居ます

すごく都会です

これからボリビアを目指して更に北上します

今夜、夜行バスでサンティアゴからカラマという町に移動
(バスで20時間もかかるらしい…)

カラマからアタマカ砂漠を抜けボリビアのウユニを目指します

しかし、カラマは今まで雨が一滴も観測された事のない場所…
アタカマ砂漠は世界で最も乾燥した場所

ただでさえ乾燥肌の私が世の中で最も乾燥した場所に行ったら肌はどうなってしまうのか…

サンティアゴで保湿クリーム、UVリップクリーム、日焼け止め、UVサングラスを探します

そして最も恐れているのは高山病

アタカマでは標高が5000メートルを超える場所があり
ボリビア自体標高が4000メートルの高地にある都市

残念ながら高山病になる自信があります……

予防薬を入手したのでそれを飲んで少し軽くなるのを祈ります

ポジティブな旦那は高山病にはならない自信があるそうです
ポジティブなブログも宜しく
↓↓↓
http://1105jjj.blog.fc2.com/
民家に泊まろう
アルゼンチンのカラファテからチリのプンタアレナスという町にやって来ました

小さな町です

この町で泊まりたかったお目当ての宿があり

小さな町なので住所だけメモしておけば大丈夫だろうと到着したものの

夜で暗く場所が分からず迷い…

諦めて違う宿にしようかと思ったけど


住所のメモ片手に走り回り…

結局何度も通り過ぎていた場所にあった
諦めなくて良かった

私たちの他に日本人夫婦が1組泊まっていただけ

一軒家の宿
家族も住んでいる

落ち着くリビング

自分の家のようにくつろげる


広いダイニングに

広いキッチン
こんなキッチンのある家に住みたい


時間がないのでたったの1泊だけ

夜、宿のオーナーがBBQをやるというので日本人夫婦と共に参加!

将来グリルを庭に置きたい!

そして、3.1
ちょど旦那の31歳の誕生日

ケーキの代わりにアイスケーキ食べました!

驚いたのはオーナーは34歳なのに子供が既に18歳!!!
あと2人子供が居て一番下の子供が朝からオムツにウ●チを漏らしていて部屋中走り回っていて臭かった…

はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス