ポジティブ男 と ネガティブ女 のバックパッカー記
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

パンチータの悪夢
ペルー最後の目的地
首都リマ

都会です
そしてかなーり広くて移動が大変

リマ到着初日お腹が空いていたのでリマで一番有名な料理人のレストランがガイドブックに載っていたので行ってみた

レストラン「パンチータ」

想像を遥かに超えて広くて綺麗な店内
お客さんで溢れていて賑やか
30分ほど待った

鶏の心臓のアンティクーチョとカツレツのようなものを注文


値段もそんなに高くない
見た目もオシャレで美味しかったというかお腹がパンパン
特にクリームパスタにやられた…

翌日、見事に2人揃って胃もたれ&発熱
丸2日寝たきり生活

ようやく動けた2日目
ホテルの近くに日本食のレストランがあったのでうどんを食べた

脂っこい食べ物は年齢と共に消化できなくなることを実感
数日間、肉とか揚げ物とか想像しただけで気持ち悪かった

復活しようやくリマ観光

街中アート
これはキリスト?
チョークで描いてた
日本でやってたら100%警察くるね…

ドライヤーが壊れたので毎日お風呂上がり濡れた髪の毛で過ごすのが苦痛だったけど
旧市街の町でこんなタオルを発見!
5ソル(150円)で購入!

リマには海岸もあります
この辺りはミラフローレンス地区と言って高級な地区

夜はリマの名物
”噴水ショー”

ディズニーランドに居る気分になった

音楽に合わせて噴水の中の映像が動きます


噴水のトンネル


ギネスにも認定されているみたい
砂漠の中にオアシス発見!!!!!!
ナスカからバスで2時間イカという街に到着
そのままイカからタクシーで10分
ワカチナという場所に到着!

ここワカチナはなんと砂漠の中にあるオアシス!!!!

ペルーに砂漠があったなんて…
オアシスって実在するんだ
しかもタクシーで行けるオアシスって…

ワカチナは欧米人が好きそうなリゾート地!

15分あれば街を1周できるほどの規模
オアシスにはホテルとレストランばかり

大体どのホテルもプールとバー付き

やたらイスラエル人の若者旅行者が多い

夕方、砂漠をバギーで走るツアーに参加
猛スピードで砂漠を走りジェットコースのようだった
まさかペルーで砂漠に来るとは…思っていなかった


サンドボードで砂漠の急斜面を滑り砂だらけにもなりました

最初は怖かったけど…


滑り始めると


楽しい♪



カワチナ内のレストランはツーリスト価格で高いのでタクシーでイカまで行ってご飯を食べました

イカの町で食べてすごく美味しかった麺
麺はパスタだけどラーメンみたい!
見た目もラーメン
鶏の出汁が効いている

ワカチナのホテルで朝食に食べたクレープ
見た目…オムライス!!!

中にはパイナップル、バナナ、りんごがたっぷりと入っていてチョコレートとキャラメルソースがかかっていて朝からヘビーでした

宇宙人の仕業?を検証
アレキパからバスで10時間、地上絵で有名なナスカに到着!

私はセスナに乗るのが怖いので…ホテルで待機

ポジティブ旦那だけセスナに乗り地上絵を見に行って来ました

セスナに乗る前体重を計るらしいのだけどなんと10キロ近く痩せていたみたい!!!!
確かに、結婚式の頃の写真と比べるとかなり顔が痩せた!

take off!

セスナから見た地上絵
ハチドリ

宇宙人

年々消えていっている噂がある地上絵だけどそんな事はなくはっきり見えたらしい

しかし!!!!
セスナはすっごく酔うらしいです

ぐったりして気持ち悪そうに戻ってきた


ナスカの街中は地上絵のモチーフがたくさん潜んでいる

ベンチにも


壁にも

路上で売られているウズラの卵
4つで1ソル(35円)


昼食はペルー名物セビッチェとパエリア風のごはん
レモン汁が効いていてあっさりしているので暑い日にちょうど良い!


セスナに乗らなくても地上絵が少し見えるという場所へ
街からバスで2ソルで行けます
タクシーだと25ソルもかかるからバスの方がお得

私も地上絵が見れた

手と木の地上絵が見えます

地上絵ってずっと宇宙人の仕業かと思っていたけど…
実際に見た人工的でした
ナスカ人が作ったもの
巨大な絵をこんなに綺麗に絵が描けるのはすごいと思う

私たちがナスカを去った2日後また新たに2つ地上絵が見つかったらしいね

街角で買ったアイスがまずかった…



また世界遺産の街…
久しぶりの更新です
リアルタイムはペルーを抜けエクアドルの首都キトに居ます
南米ももうすぐ終わり



海外には世界遺産の街が多い

クスコからアレキパという街にやってきました

オシャレと聞いていた街だったけど全然オシャレじゃないというか普通だったので1泊だけ

街並はスペインのアンダルシア地方に少し似ている

海岸沿いで暑かった

標高はだいぶ低くなった
でも近くには標高6000メートルくらいの山が見えます

ペルーの伝統料理
ピーマンの肉詰めに似た料理とエビとジャガイモのスープを食べました
ボリュームがすごい

丸ごとトウモロコシ入りのスープ

やたらチャーハンのお店が多かったので行ってみた
味はまぁまぁ…

市場へ
フルーツが山盛り

南米はジャガイモの種類が多い

ボリビア、ペルーでよく見かけるカラフルなゼリー…
怖くてまだ食べた事はないけど味が気になる


暑くて
アイスとスムージーばかり食べた

そんな中お気に入りのアイスがこれ!
皮が剥けるアイス!
バナナ!
面白いし美味しい!
1本1.5ソル(50円)

ホテルのベットが寝心地良かったのでぐっすり
カラフルなホテルだった

空中都市!マチュピチュ!
人気ナンバー1の世界遺産マチュピチュへ!

朝早いです
マチュピチュ村から6時のバスに乗りマチュピチュへ

バスは片道20分くらいなのに往復で18ドルもかかる…

マチュピチュ遺跡は1日の入場制限が2000人
マチュピチュ+マチュピチュ山のチケットはクスコで購入済
ワイナピチュのチケットはネットで予約

あいにくの雨…
雨が止むまで待機

小雨になったのでマチュピチュ山に登ることに
マチュピチュ山に行く途中にマチュピチュ遺跡がチラッと見えたが見ない様にした!
後のお楽しみに…

マチュピチュ山…トレッキング程度の山かと思っていたら思いっきり登山…

登っても登っても頂上らしき場所が見えず

1時間半ほど登ったが霧と雲に包まれ頂上からの景色は期待できないと…判断

さっさと下山しました!!!!

マチュピチュ遺跡へ!




この景色が見れたら十分!

晴天よりもちょっと雲や霧があった方が空中都市ぽくて雰囲気良い!

こんな山奥に街があったなんて…




アルパカ?かリャマ?が放し飼い
未だに区別がつかない






マチュピチュはパワースポットで有名らしい(知らなかった…)
疲れ以外何も感じなかったが……

翌日はワイナピチュへ
1日400人しか登れないが予約できたので登ってきたが

これがまたかなり疲れる…

足がガクガクしていた

でもワイナピチュから見るマチュピチュは絶景でした


間違えてハードなコースから下山してしまい下山なのになぜか登りが多くぐったり…





ウユニ塩湖も見てマチュピチュも見たので
今回の旅のメインは終わったようなもん
マチュピチュまでの道のり
クスコからマチュピチュ村までの行き方は私が知る限り 

.スコからバス2時間+列車約2時間 

▲スコからバス7時間+徒歩約3時間 

絶対、,嚢圓でしょ!! 

バスで7時間もかかって更にその後に徒歩とか…無理!

でも日本人バックパッカーは△嚢圓人が多いみたい
安いし途中線路の上を歩いたりしてスタンドバイミー気分を味わえるらしいから

列車はペルーレイルかインカレイルがあり
私たちはインカレイルにしました

 一番安いクラスでも往復100ドルちょい…かかる

列車で移動とかエジプト以来でわくわく  

ドリンクサービスあり!

 一番豪華なクラスは食事付き

眩しくて景色どころではなかった

旅のお供はインカチップス(おさつドキッに似た味) 

マチュピチュ村に着いたら駅はホテルの客引きだらけ

客引きに付いて行ったホテルが湿気強すぎで居心地悪く翌日部屋チェンジ 

マチュピチュ村は完全に観光客の村だった

温泉街に似た雰囲気 

毎日世界中から観光客来てるんだろうな

次はいよいよマチュピチュ!
誕生日はジャンクフードで…
居心地が良かったプーノの宿を惜しみつつ次の目的地クスコへ

プーノからバスで7時間
クスコに到着
街ごと世界遺産!


一番楽しみにしていたのはクスコのスタバ♪
なんとクスコのスタバはロゴマークが黒!!!!


街の景観を壊さないようにマクドナルドもケンタッキーも黒くて目立たない!!

そして…本日30日は私の28回目の誕生日
年々誕生日が憂鬱ですが

バス移動で疲れ誕生日に何が食べたいか考えた結果

マック!!!

疲れた時のジャンクフードは美味しい

南米限定のマックニフィカ!!!

あとマックポロ(マックチキン)

ドリンクはもちろんインカコーラ!!!

体に悪い28歳の幕開け

食後は楽しみにしていたスタバへ
カップに名前を書かれる

クスコの街並はこんな感じ
街の中心アルマス広場は観光客だらけ


ツーリスト用のアルパカを連れたおばさん達

ホテルの居心地が抜群!
日本人がいっぱい集まる宿があるけどあえて泊まらず

トーマスグリル&ガーデンというホテルへ
きっと泊まっている日本人はまだ居ないはず!
1泊1人20ソル(600円くらい)なのに綺麗で快適!

こんな明るいリビング付き
泊まっている人がいなくて独占状態〜

私は海外ではデブ症
観光よりホテルでゆっくりしている方が好き

ホテルの近くで美味しい食堂発見!
家族で経営している小さな食堂
1日に2回も行った!

キヌアのスープ
キヌアはほうれん草科で栄養が高いらしい
食感はクスクスみたい

キヌアバーガーもある

夜も同じ食堂へ
お昼に食べている人がいて美味しそうだったから食べたかったアボカドディップ
メニュー見てもどれかわからず絵で説明したら分かってくれた
こんな絵で…

翌日も行き名物のクイのグリルを食べた
クイとは…テンジクネズミ!!!!
顔付きでリアルだったな…

美味しくはない…ほとんど身がなかった

ペルー到着!ウロス島へ…
ボリビアからペルーのプーノという街にやって来ました

ボリビアと雰囲気はあまり変わらず…

プーノからボートでウロス島というチチカカ湖に浮いている島へ

島全体がトトラと呼ばれる植物?で出来ていて湖の上に浮いている人工の浮島

島の上を歩いた感じワラの上を歩いているような感覚でフワフワしてた

寝転がったら気持ち良さそうな感じ

カラフルな洋服を着た島の女性がお出迎え

ボジティブ旦那お気に入りの女の子ニコール


民族衣装着させてもらった!


なんか…子供みたい…

ポジティブ男は小さい子供を見ると必ずほっぺたを触るか抱っこしたがる癖がある

トトラをかじる子供
ネギみたいだけど味も臭いもしなかった



お土産売り出したりなんだかツーリスティックな島だった
小さな島が何個もあり驚いた
なぜ浮くんだろう…

驚いたのはこの島…電気が通っていてテレビも見れる!!!!


本当に住んでいるのか怪しい…
出勤しているんじゃないか……と思ったけど
住んでいるぽいな

プーノの宿が居心地良すぎる
4階の部屋は日当り抜群!

1泊700円と安いのに綺麗で広くてネットが速い!
4人部屋を2人で使用〜

ペルー名物のドリンク!
”インカコーラ”
普通のコーラより好き!
味はメロンソーダに近い!
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス