ポジティブ男 と ネガティブ女 のバックパッカー記
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< キューバより… | main | 実は今… >>
本当のキューバ
9泊10日でカンクンからキューバへ行ってました

キューバの空港からそのままバスターミナルへ直行
バスに乗りキューバの端っこにあるバラコアという田舎街を目指しました
バスのエアコンが効き過ぎていて冬服を着ないと寒くて耐えれないほど…
15時間寒さに耐えた
更に乗り換えて5時間
バスターミナルで偶然カンクンの宿が一緒だったあけみさんと遭遇
一緒にバラコアへ

バラコア到着
バスターミナルには宿の客引きがたくさん
そんな中日本語で「おいしいご飯作ります」と書かれた看板を持ったおばちゃん発見!
その宿に決定!

自転車タクシーで宿に向かいます

キューバの宿は「カサ」と呼ばれる民宿が一般的
1泊1000円ほど
ご飯もお願いしたら作ってくれる!
宿が想像よりも綺麗でビックリした!


社会主義の国キューバ
最低限の生活は保証され食べ物の配給、医療、教育費は無料
しかしどんなに働いても働かなくても労働者は給料が一緒
20ドルほどしかもらえないらしい
医者でも30ドルほど

でも自営で宿を経営すれば
労働者よりは良い生活ができるが税金が月に8千円〜2万ほどかかるらしい

宿を経営している家庭は他の家に比べたら裕福な印象を受けた
それでも他の国から比べたら貧しい

バラコアは本当のキューバ?昔のままのキューバが味わえる街
レトロな街並



キューバの通貨はツーリスト用のお金とキューバ人用のお金があり
キューバ人用のお金だとこのサンドウィッチなんて15円!!
ツーリストには使える場所は限られているけど

お店の女の子が可愛かった

キューバ国民が大好きな
革命家チェゲバラ
街中にはたくさんのゲバラの似顔絵




宿で夕飯をお願いしました
ロブスターが有名なキューバ
ロブスターをお願いしたらちょっと高めの1人1000円だけど
すごいボリュームのご飯が用意されていて感動



これがロブスター

キューバのお酒ハバナクラブと一緒に…
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://backpac.jugem.jp/trackback/239
TRACKBACK
はてなRSSに追加
livedoor Readerに追加
My Yahoo!に追加
Googleに追加
goo RSSリーダーに追加
Bloglinesに追加
Technoratiに追加
PAIPOREADERに追加
newsgatorに追加
feedpathに追加
Powered by SEO対策 RSSプラス